特養とはどんな施設?~サービス内容と料金の比較~

①「特養」と聞くとどんなイメージを持ちますか?
②「ユニット型」と「従来型」の違いはご存知ですか?
③費用がその方の所得等によって変わるのは知っていましたか?

これらの問いにある程度答えられたら初級クリアです。

 

特養とはどんな施設?~サービス内容と料金の比較~

どっちがいいの?

このページでは特養がどのようなサービスを行う施設なのか。
また、部屋の種類(個室や多床室等)について、そして、費用について説明していきます。

 

特養とはどんな施設?【はじめに】

はてな

特養は主に社会福祉法人や地方自治体(都道府県・市区町村)が運営する公的な介護保険施設です。
『特養入居の条件』のページでも記載していますが、入居は要介護度3以上の方が対象になります。

※特養入居の条件についてはこのページの最後にリンクをつけていますので、そちらもご覧ください。

 

特養とはどんな施設?【サービス内容は?】

サービス

食事・入浴・排泄介助などの身体介助を施設内のスタッフにより24時間受けることができます。また、部屋の掃除衣類の洗濯などの日常的な生活支援も受けられます。そして、リハビリレクリエーションの機会もあります。

リハビリやレクリエーションについてありがちな誤解
在宅サービスでデイサービスを利用されている方が入居後にありがちが誤解として、デイサービスでは利用毎にリハビリやレクリエーションがあったのに対し、特養に入居するとその機会は減ります。デイサービスの感覚で毎日行われるものではなく、施設によって頻度等が違うので、気になる方は施設見学や電話相談の時に確認しておくと良いでしょう。

 

特養とはどんな施設?【健康管理は?】

健康管理

看護師が日中配置されているため、日ごろの様子から体調の変化に早く気付き対応することができます。そして、定期的に医師による診察があります。外部の医師が定期的に施設へ来て診察されるところもあれば、常勤医師を配置している施設もあります。常勤医師を配置している施設では医師が出勤している時間内に体調不良の入居者を臨時で診察することも可能です。

ただ、特養は夜間に看護師が配置されていない施設がほとんどなので、痰の吸引など医療ケアが夜間も必要な場合は対応ができないこともあります。

夜間、痰の吸引が必要な方など、医療ケアが必要な方は特養の受け入れが難しいため、入院中の病院から介護療養型医療施設へ転院するか、24時間看護師が常駐し夜間でも痰の吸引が可能な介護付き有料老人ホームサービス付き高齢者住宅などの選択になります。

『LIFULL 介護』「こだわり条件」「24時間看護」のチェックをつけて検索するとすぐに条件に合った施設がでてきますので、見てみてください。

『LIFULL 介護』へはこちらから

 

特養とはどんな施設?【部屋の種類は4タイプ】

部屋

施設によって違う部屋のタイプ

『ユニット型個室』
『ユニット型個室的多床室(ユニット型準個室)』
『従来型個室』
『従来型多床室』

といった部屋のタイプがあります。

ユニット型と従来型の違いは?

簡単に言うと、

  • ユニット型部屋を出るとリビングなどの共有スペース
  • 従来型部屋を出ると廊下

の違いです。

ユニット型は居室から出るとすぐに共有スペースになるため、他の利用者との関わりを持ちやすい環境です。
従来型は居室を出ると廊下のため、部屋を出てすぐに他の利用者と関わることが少ない環境です。

人付き合いが好きな方ユニット型の方が同じユニットの方との関わりが持ちやすく、楽しめそうです。また、人付き合いが苦手な方で居室を出るとすぐに他の方と顔を合わせるのがしんどく感じられる方は従来型を選択される方が良い場合もあります。

ユニット型の『個室』と『個室的多床室』の違いは?

ユニット型個室共有スペースを囲うように10室程度の居室が配置され、その10名程度の少人数グループを1つのユニットとして、ユニットケア(個別ケア)が行われる環境です。全て独立した部屋になるため、プライバシーが守られるのが特徴です。

ユニット型個室的多床室はユニット型個室と同じ部屋の配置になりますが、大部屋を固定された壁で仕切ったものになります。視覚的にはプライバシーが守られるのですが、天井と壁に隙間があり完全な個室ではないので、音や臭いに関しては同室の方への配慮が必要になります。

従来型の『個室』と『多床室』の違いは?

従来型個室はユニットを作らずに1部屋を1人で使用するタイプです。ユニット型が居室を出ると共有スペースになるのに対し、従来型は居室を出ると廊下になります。

従来型多床室1部屋を複数人(定員4人)で使用するタイプです。また、従来型個室と同様に居室を出ると廊下になります。

ユニット型と従来型のメリット、デメリットは?

プライバシーが尊重されやすい。
●1ユニット10名程の少人数グループを専任の介護スタッフがケアするため、入居者に合わせたケア(個別ケア)がしやすく、きめ細やかな介護が期待できる。
人間関係が築きやすい
家庭的な雰囲気の中で生活ができる。
●感染症やインフルエンザなど、施設内感染のリスクが軽減される。
●従来型に比べ費用が高い
●他の入居者とトラブルになると気まずい
●スタッフ1名で10名程度を見る時間帯もあり、スタッフが居室へ入ると共有スペースの見守りがしばらく不十分になることもある。
●1人部屋のため、人によっては孤独感が増える

●ユニット型に比べ費用が安い
●多床室の場合、1人の部屋ではないため孤独感を感じにくい
人間関係が希薄なため、煩わしさを感じることが少ない
●数十人を複数のスタッフでケアするため、スタッフ側の事情と効率性が優先された集団ケアになりやすい。
プライバシーの保護に課題がある。
●感染症やインフルエンザなど、施設内感染のリスクが高い
●大人数での生活になるため、認知症の方気持ちの動揺が起こりやすい

 

特養とはどんな施設?【料金は安い?】

料金

基本的な月額費用

特養への入居希望者が多い理由として、有料老人ホームなどへ入居する時に発生する初期費用や入居一時金がかからなく、月額費用のみで済み、他の民間施設より安いことが挙げられます。

①介護サービス費(1割から3割)
②居住費(部屋代)
③食費
④診療費
⑤薬代
⑥その他施設で定められている費用

オムツを含む日常生活で必要な消耗品は施設で用意され、ベッドや車いすも施設で用意されている物を使うことができます。

おおよその月額費用9万円台~16万円台となります。

この費用の差はユニット型や従来型、また、個室や多床室等により施設によって①~⑥の料金に違いがあるためで、特に②の居住費に差が大きく生じるためです。

例えば、
従来型多床室居住費1日840円に対してユニット型個室居住費1日3,300円の施設で比較すると、
居住費の差1ヶ月(30日計算)で73,800円にもなります。

詳しい金額については、入居を考える施設の生活相談員に直接確認すると教えてくれます。

9万円台~16万円台だと、特養以外に他の民間施設でも見つかるので、
『LIFULL 介護』などの施設検索サイトで探すと出てきますので見てみてください。

『LIFULL 介護』へはこちらから

では、なぜ「特養は安い」と言われるのか?

利用者負担額の軽減制度を利用することで、大幅に費用を抑えることができる

その方の収入にもよりますが、通常の利用料金から、かなり安くすることができます。

※利用者負担額の軽減制度については別ページで詳細を載せてます。このページの一番下にリンクをつけていますのでご確認ください。

例えば、
『負担限度額認定証』という居住費食費上限を設ける制度を利用するとします。

※詳しくは別ページで説明していますので、こちらもご確認ください。
▶「特養の利用料金(居住費・食費)を安くする方法~負担限度額認定証~」

第2段階という段階に当たる方の場合

従来型多床室に入居すると
居住費1日840円、食費1日1,380円 30日の計算で66,600円必要なところが、
居住費1日370円、食費1日390円 30日の計算で22,800円になり
43,800円も抑えられます。
ユニット型個室に入居すると
居住費1日3,300円、食費1日1,380円 30日の計算で140,400円必要なところが、
居住費1日820円、食費1日390円 30日の計算で36,300円になり
104,100円も抑えられます。

さらに、第2段階に該当する方で介護サービス費の自己負担の上限が15,000円になる(高額介護サービス費の払い戻しがある)と考えた場合、30日のおおよその費用としては

従来型多床室
①介護サービス費15,000円+②居住費11,100円+③食費11,700円
計37,800円に+α(上記④~⑥)の4万円台
ユニット型個室
①介護サービス費15,000円+②居住費24,600円+③食費11,700円
計51,300円に+α(上記④~⑥)の5万円台

通常16万円以上かかるユニット型特養でも、低所得の人によっては5万円台で入居ができる軽減制度が使えるため、
「特養は安い」ということになります。

ここまででもかなり費用負担の軽減がされていますが、さらなる軽減制度もあります。

詳しくは別ページで紹介していますのでご確認ください。
このページ最後にリンクをつけています。

 

所得があって軽減制度が受けられない場合は?

NG

上記の軽減制度を受けられる方は、住民税が非課税世帯という前提があります。
つまり、課税世帯にあたる方は特養でもユニット型個室になると16万円前後の費用を支払う必要があります。

16万円前後、もしくは、それ以上の支払い能力がある方があえて特養にこだわらなくても、同等金額の介護付き有料老人ホームサービス付き高齢者住宅という選択肢でも良いと思います。
むしろ、良い施設を選ぶことができれば特養で暮らすよりも質の高い生活を送ることができるかもしれません。

 

良い施設はどう探せばよい?

google

施設検索サイトを上手に使うことが一番効率的です。

『LIFULL 介護』などの施設検索サイトを使うと、希望する地域の施設がすぐに検索でき、簡単に資料請求ができるので、複数の施設の資料を見比べることができます。

それぞれ施設によって特色が違うため、それぞれの施設のアピールポイントを確認してみると、ご家族がどのような生活を送ることができるのかイメージし易くなります。

特養だけを考えている方有料老人ホームを含めいろいろな施設の資料を確認することで、希望する特養の施設見学に行った際、どのようなことを確認しておくと良いかイメージし易くなるので、この機会に気になる施設の資料請求をしておくとよいでしょう。

まずは『LIFULL 介護』で希望する地域の施設を検索してみてください。

『LIFULL 介護』へはこちらから

 

次は特養へ入居ができる方、入居が難しい方の『条件』について詳しく説明していきます。

▶「特養に入居するための条件~特養に入れる方、入れない方~」
をご確認ください。

 

特養で使える費用負担軽減制度へのリンク

▶「特養の利用料金(居住費・食費)を安くする方法~負担限度額認定証~」

▶「介護サービス費、居住費、食費がさらに安くなる制度~社会福祉法人減免~」

▶「課税世帯でも居室の費用と食費を安くする制度~特例減額措置~」

▶「支払った利用料金が返ってくる方法~高額介護サービス費~」