新型コロナ拡大中でも効率的に老人ホームを探し方

ご家族
すぐに入居できる特養を探していて、見学をすることはできますか?
生活相談員
申し訳ございません。新型コロナウイルス感染症予防のため、今は全てお断りをさせていただいていいます。この状況が収束した段階で改めて連絡をさせていただきますので、それからでもよろしいでしょうか?
ご家族
今、家で一緒に過ごしているのですが、家族ももう限界に近くて。。。入居まで少し時間がかかるにしても、せめてどのようなところかだけでも知っておきたいので、なんとかお願いできないでしょうか。
生活相談員
入居者の命を守るため、今は入居されているご家族にも全て面会を自粛していただいているので、本当に申し訳ございません。
この様なお問い合わせが最近増えてきました。
私のいる特養では施設見学も含め新規の入居を全て止めていますが、施設見学ができなくても老人ホームを探すことは可能です。

新型コロナ拡大中でも効率的に老人ホームを探し方

新型コロナウイルス拡大の影響を受け、多くの老人ホームが見学や新規の入居を中止、もしくは制限をしています。
その反面、ご家族やケアマネさんからの入居相談は多くなっているように感じます。
緊急事態宣言以降、強く自粛が求められ、家族全員が自宅での生活が増え、家族全体がストレスを抱えやすくなっている状況の変化に『いつもと違う』違和感から、特に認知症をお持ち方の状況にも変化が起きているように感じます。
その不安定な状況から認知症が進行し、家で一緒に暮らすことが難しくなっているご家庭が増えてきたのかもしれません。
老人ホームを探すようになった時は「必ず施設見学はしてください」とこれまでお伝えしてきました。。。
が、新型コロナウイルスによって、施設見学が難しい状況なので、今回は効率よく老人ホームを探す方法を紹介します。

【新型コロナ拡大中でも効率的に老人ホームを探し方】はじめに

① 希望するエリアにどれだけ老人ホームがあるのか
② 候補となる老人ホームのイメージをどう確認するのか
③ それらの老人ホームを比較検討する材料を得るにはどうすればよいか
老人ホームを探す時に、まず考えるこの3点を確認していきましょう。

希望するエリアにどれだけ老人ホームがあるのか

まずは、老人ホームの場所とそのエリアにどれだけ老人ホームがあるのか知る必要があります。
① インターネットで検索
② 自治体(市区町村等)が発行する福祉サービスをまとめた冊子等
その地域全体を見るのにはこの2つになるでしょう。
ただ、感染症予防で外出を自粛する必要があるタイミングで市役所等へ行くのも危険です。
インターネットでの検索を選ばれることになると思います。

インターネットで検索

● Googleマップ
● 自治体のホームページ
● 介護サービス情報公表システム
● 老人ホーム検索専用サイト
インターネットで施設を探す場合、だいたいこの4パターンになると思います。
どのような情報を求めるかによって検索の方法が変わってきますので、これからの説明を参考にしていただけると嬉しいです。
この4つのうち、Googleマップだけ違う使い方をします。

Googleマップの使い方

Googleマップは希望するエリア内にある老人ホームの位置関係を把握し易くする時に使うと便利です。
※クリックすると大きいサイズで見られます
例えば、Googleマップで希望するエリアを開き『老人ホーム』と入力して検索すると、そのエリア内にある老人ホームが出てくるので、自宅や駅からの距離や方向を確認することに使うと便利です。
また、エリア内にある老人ホームの名前もわかるため、出てきた名前で詳しく調べていくこともできます。

自治体のホームページ

自治体(市区町村等)のホームページで探すことは、あまりお勧めしません。
理由は『とても探しづらい』と個人的に感じるので、普段自治体のホームページを見慣れていない方は別の探し方で良いと思います。

介護サービス情報公表システム

介護サービス情報公表システムというのがあります。
厚生労働省が作成しているもので、結構使いやすいことに加え、サービス付き高齢者住宅などの住まいから、在宅でのサービス事業所や地域包括支援センター、医療機関や薬局まで探すことができるため、地域の社会資源を探すのにとても便利だなと感じます。
ただ1点だけ、欲を言えば『住まい』の検索場所はサービス付き高齢者向け住宅のみで特養は一緒に出てこないため、特養を探すためには『介護事業所』の検索場所から探す必要があるため、入居施設を探す時は一度で済まない点をなんとかしてもらいたいところです。
興味があれば、一度見てみてください。
▶ 介護サービス情報公表システム
この介護サービス情報公表システムではいろいろなサービスの検索ができ、地域の社会資源を調べるのにはとても役立つツールですが、入居するための老人ホームを探す場合はこれだけではあと一歩機能不足です。
気になる施設が見つかってから、1件1件電話して「資料をください」と言う手間が面倒です。
その手間を省き、一発で資料請求ができるのが、次に案内する『老人ホーム検索専用サイト』です。

老人ホーム検索専用サイト

老人ホーム検索専用サイトというのをご存知でしょうか?
【老人ホーム 地名】などのキーワードでGoogleやYahoo検索をすると思いますが、検索結果でまず出てくるのは『老人ホーム検索専用サイト』です。
老人ホームを効率よく探す場合、先ほどのGoogleマップで位置を確認し、この老人ホーム検索専用サイトで詳細の確認とまとめて資料請求をすることで冒頭の3点が全て解決します。
老人ホーム検索専用サイトもたくさんあり、内容もピンキリです。
次の5つのポイントでいろいろなサイトを検証しました。
● サイトの見やすさ
● 検索のしやすさ
● 情報の多さ
● 登録施設数の多さ
● 資料請求の手軽さ
結果、『LIFULL介護』は文句なし、私のおすすめです。
先に挙げた内容が整っていることはもちろん、新型コロナウイルスの状況も考慮されています。
検索する時に「新型コロナウイルスの影響による見学の受け入れ状況」として見学可能な施設を絞って検索することもできます。
その時の状況に合わせて柔軟に対応しているのが、大手が運営する老人ホーム検索専用サイトの良さだと思います。
複数の施設情報を比較検討する時、パソコンやスマートフォン上で複数のウインドウを開き、あっち見てこっち見てとするのはあまり頭に入らず、非効率なので気になる施設をまとめて資料請求しましょう。
届いた資料を広げてご家族皆で見ることもできますし、視覚で確認できるのでイメージを深めながら情報の整理もし易いのが資料請求の良さです。
『LIFULL介護』は資料請求をするのも一括でできるので簡単です。もちろん無料なので気軽に資料請求できますね。

【新型コロナ拡大中でも効率的に老人ホームを探し方】まとめ

施設を見学することができれば一番良いですが、施設見学ができない状況でも施設を選ぶことが必要になった時はインターネットによる情報収集が必要になります。
ただ、複数の施設を並べてイメージや利用料金等、いろいろな項目を比較検討する場合はパソコンやスマートフォンの画面で見るよりも、資料を並べて見る方が見やすく、また、ご家族で検討し易いメリットがあります。
まずは、希望するエリアを決め、Googleマップで『老人ホーム』と検索し、そのエリアにどのような施設があるのかを確認してみてください。
次に、『LIFULL介護』を使い、そのエリアにある施設の資料請求をしてみましょう。
老人ホーム検索専用サイトを使うことが、施設見学ができない状況でも間接的にたくさんの施設情報が手に入り、一番時間を短縮できる方法です。